一軒家

不動産屋を利用し暮らしのお得情報ゲット|土地探しも家探しも簡単

土地の購入

不動産価格の相場の動向

リーマンショック以降、不動産価格は下落の一途をたどってきましたが、近年の不動産価格は上昇に転じています。今後、2020年の東京オリンピックに向けて、さらに上昇していくことが予想されます。オリンピックにむけて、国や全国の自治体はインフラ整備や街づくりを積極的に進めていきますので、全国的にも土地に対する投資が大きくなり、地価も高まることが考えられるからです。また、消費税が増税になることも追い風になります。増税前の駆け込み需要で、土地の売買が活性化すると、結果的に地価が上昇していくことになります。社会経済の観点からは地価の上昇は景気が上向きことになり望ましいことですが、不動産の購入を検討する人にとっては、価格の動向に注視する必要が生じて大変です。

価格の相場を見極める必要性

今後の不動産取引における特徴としては、不動産価格の変動を見極める必要があるということです。かつて、土地神話と呼ばれていた時代は、限られた日本の国土において、地価が下がるはずがないというのが一般的でした。しかし、リーマンショックにおいて地価が急落して、最近では再び上昇傾向に転じています。わずかな期間の間に、土地の価格は大きな変動を見せてきました。数年前までは、土地の価格は底にあると言われ、購入のタイミングをためらうことはありませんでしたが、現在では、今後の動向が明確ではありません。上昇傾向にはあるものの、その見極めは困難ですので、不動産の購入にあたっては、これまでの近隣相場の歴史的な変遷を見ながら、検討していくことが必要です。